札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

パーキンソン病

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、脳が出す運動の指令がうまく伝わらず、スムーズに動けなくなる病気です。何か難しそうな病名ですが、これは、1817年、ジェームズ・パーキンソン医師が初めて報告したため、それにちなんでつけられた名前です。パーキンソン病は50~60歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。高齢者に多い病気ですが、若い人でも発症することがあります。

パーキンソン病の主な原因

私たちが体を動かそうとすると、脳の「大脳皮質」から全身の筋肉に、運動の指令が伝わります。このとき、私たちの意図どおりに体が動くように、運動の調節を指令しているのが神経伝達物質の「ドパミン」です。 パーキンソン病は、神経伝達物質であるドパミンの量が減少することで発症します。ドパミンの量が減少すると、運動の指令がうまく伝えられず、手足が動きにくくなったり、震えたりする症状があらわれます。ドパミン神経細胞は、年齢とともに自然に減っていきますが、パーキンソン病の患者さんの場合は、健康な人に比べてより速いスピードで減っていきます。ドパミン細胞が急激に減っていく理由はわかっていませんが、パーキンソン病の発症にはドパミン細胞の中でαシヌクレインというタンパク質が凝集することに関連していると考えられています。高齢になるほどパーキンソン病を発症する割合が増えますが、40歳以下で発症することもあり若年性パーキンソン病と呼んでいます。

 
 
患者と介護士

パーキンソン病の主な症状

パーキンソン病では、ドパミン神経の減少に加え、他の中枢神経や自律神経もダメージを受け、その症状は多岐にわたります。

― ドパミン神経の減少によっておこる症状 ― ≒四大症状
・静止時振戦 ・運動緩慢(無動) ・筋強剛 ・姿勢反射保持障害

― 進行期症状 ―
・歩行障害(小刻み歩行、すり足歩行) ・すくみ足 ・突進(加速歩行) ・構音障害(小声) ・嚥下障害(むせ) ・姿勢異常(首下がり、背曲がり、腰曲がり、前屈、側屈、ピサ徴候)

― 治療と関連した運動障害 ―
・ジスキネジア ・ウェアリングオフ(効果減弱) ・ジストニア(起床時など) ・反復常同行動(punding)


― その他の症状 ―
・消化器症状 ・抑うつ ・認知症 ・幻覚 ・異常な発汗 ・腰痛 ・便秘 ・排尿障害 ・発刊障害 ・流涎(よだれ) ・末梢循環障害 ・頭痛 ・嗅覚異常 ・睡眠障害 ・起立性低血圧

パーキンソン病は厚生労働省特定疾患認定疾患です。

当クリニックのパーキンソン病の治療

リハビリテーション(音楽療法)
当クリニックでは音楽療法に参加することで、パーキンソン病の悪化を防ぎ、生活の質を保つ効果を期待しています。パーキンソン病になると、口の周りの動きの影響で、「声が小さくなる」「早口になる」「声がかすれる」などの障害があらわれることもあります。歌を歌い、体を動かし、リハビリテーションを積極的に行い、症状の緩和や改善を目指します。

薬物療法
パーキンソン病は、ドパミン系薬剤と非ドパミン系薬剤の2つのタイプがあります。ドパミン系薬剤は不足したドパミンの作用を補います。また、非ドパミン性薬剤はドパミン不足による乱れた神経のバランスを整えます。生活や症状の程度によって治療薬を選択し、用量や服薬のタイミングを調整し、治療を行っております。

 
 
AdobeStock_226148695.jpeg

パーキンソン病の予防方法

グルタチオン点滴療法・シチコリン注射
当院ではパーキンソン病の方の症状緩和を目指し、歩行障害が強い方へグルタチオンの点滴、意識障害が」強い方へシチコリンの注射を投与する自由診療を行っております。

パーキンソン病の症状が現れたときの対処法

リハビリテーション(音楽療法)
当院では音楽療法に参加することで、パーキンソン病の悪化を防ぎ、生活の質を保つ効果を期待しています。パーキンソン病になると、口の周りの動きの影響で、「声が小さくなる」「早口になる」「声がかすれる」などの障害があらわれることもあります。歌を歌い、体を動かし、リハビリテーションを積極的に行い、症状の緩和や改善を目指します。

薬物療法
パーキンソン病は、ドパミン系薬剤と非ドパミン系薬剤の2つのタイプがあります。ドパミン系薬剤は不足したドパミンの作用を補います。また、非ドパミン性薬剤はドパミン不足による乱れた神経のバランスを整えます。生活や症状の程度によって治療薬を選択し、用量や服薬のタイミングを調整し、治療を行っております。

パーキンソン病の検査の流れ

【 問診 】➡【 神経学的診察 】➡【 画像検査、脳機能検査 】○MRI検査○脳波検査➡【 追加画像検査 】○MIBG心筋シンチグラフィー○ドパミントランスポーター(DAT)➡【シェロングテスト】

 
 
 
問診票への記入

パーキンソン病の検査 

【 問診 】
遺伝歴、真面目で几帳面すぎる性格だったか?、便秘や臭いの分かりづらさがあったか?寝言があったか?手足の震えや歩きにくさなどの症状がいつ頃からあり、どのように進行していったかを聴取します。
【 神経学的診察 】
脳神経内科専門医が、患者さんの歩行の状態を観察や、身体のバランス、腕や足を動かして筋強剛や神経反射など、パーキンソン病に特徴的な症状があるかを調べます。
【 画像検査 】
○ MRI検査
パーキンソン病では異常が見られません。脳梗塞や脳腫瘍などパーキンソン病以外の病気の有無を調べます。
○ 脳波検査
せん妄、てんかん等の病変が無いかを調べます。

【 追加画像検査 】
○ MIBG心筋シンチグラフィー
MIBGという物質を注射して心臓の交感神経の働きを画像で調べています。パーキンソン病の患者さんでは、MIBGの心筋へのとりこみが低下していることが知られており、その様子を観察します。
○ ドパミントランスポーター(DAT)
DATスキャンは放射線を出す検査薬を注射して、脳内でドパミンの働きに関係するドパミントランスポーター(DAT)を画像で調べています。パーキンソン病の患者さんでは、ドパミントランスポーター(DAT)が少なかったり、左右で非対称になっていたりします。
 

当クリニックでは更なる診断のため、核医学検査を行う場合があります。
核医学検査装置がありませんので、近隣の医療機関にて検査依頼を行い、受けて頂いています。

(文章引用 : https://parkinson-smile.net/)
メジフィジックスパンフレット 転用画像

○ シェロングテスト
 安静臥床での血圧が起立後にどう変化するか?を調べます。
起立性低血圧の有無を調べる目的です。