札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

即日対応MRI検査

MRIとは

MRIとは磁気共鳴画像撮影法のことで、正式には「Magnetic(磁気) Resonance (共鳴)Imaging(画像)」といいます。超電導現象を利用して超強力な磁力を発生させ、磁場の中で体にラジオ波を照射し、水素原子からのエネルギーを受信して画像化しを行う検査です。

MRI検査とは

MRIもCTも筒状の検査装置を用いるため、よく似た検査のように思われていますが、磁気と電波を利用するMRI検査と、X線を用いるCT検査とでは仕組みが異なるだけでなく、検査にかかる時間や費用、そして発見される疾患も異なります。

札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (158).JPG.jpg

MRI検査で分かること

頭部のMRI検査は、仰向けで専用コイル(マスクのようなもの)を被せ頭部を固定し、大型の装置(ガントリー)に入って撮像する。検査時間は約20〜30分程度の時間を要し、撮影中は、ガントリーからトントン、カンカンなどの騒音が生じるので耳栓を使用し、聴覚障害を防止します。頭部撮影では、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍および脳萎縮の度合いが分かります。脳実質以外にも神経・血管・下肢動脈・心臓・内臓脂肪・頚椎・胸椎・腰椎・肩関節・膝関節の撮影ができ、様々な画像の種類・撮像方法及び断面の方向も自由に設定できる検査です。

当クリニックのMRI

当クリニックのMRIは、当日検査が出来ることが利点です。高磁場MRIによる、脳・脳動脈・頸動脈・下肢動脈・心臓・内臓脂肪・頚椎・胸椎・腰椎・肩関節・膝関節・足関節の撮影を施行しています。GE社SIGNA Creator(高磁場1.5テスラ)で撮像しています。高磁場というのは、低磁場の0.3テスラではなく、1.5テスラ以上であるということです。SIGNA Creatorは、圧迫感を軽減する軽減するワイドフレアを採用し、乗り降りしやすい撮像テーブルです。その最低高49cmで高齢者や小児の患者さんも安心して検査することができます。

 

突然の脳卒中で家族を悲しませないために、隠れ脳梗塞や未破裂脳動脈瘤などを事前に見つけましょう。
認知症のリスクと言われる海馬の萎縮や大脳白質病変を検出し、セルフケアを行うきっかけとしましょう。
頭痛持ちだからって、痛み止めで我慢して、あきらめている人、原因を追究して、痛みや不快な症状を我慢する時間を減らしましょう。
もの忘れが、「あれ?」「いつもと違う…」「今までやっていた趣味が面倒で感じ楽しくない」「魚が嫌いで、パンとラーメンなどの麺類が好きだった」が、MRI検査のタイミングです。
便秘・寝言・手のふるえ…脚のむずむずなど「精神的なもの」と診断された病気もしっかり診断できます。


実際の代表的な症状は、・頭痛・肩こり・首の痛み・目の奥が痛い・もの忘れ・幻覚・めまい・耳鳴り・手足や顔のふるえ・筋力低下・麻痺・筋萎縮・手や足のしびれ・歩行障害・ふらつき・バランスが悪く転びやすい・呂律の周りが悪い・飲み込みづらい・動作が遅い・瞼・顔・手足のけいれん・顔面の麻痺や痛み・舌がしびれる・足がムズムズし眠れない・寝言を言う・臭いがわからない など。
脳ドックでのMRI検査は・高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病の方・ご家族に脳卒中の病歴がある方・喫煙される方・飲酒される方・もの忘れが気になる方、健やかな毎日を過ごすために、『脳ドック』を受けてみませんか?

 

当クリニックでは、正確な診断を行うために高磁場MRIを導入し、脳MRI・頸動脈MRA(アンギオグラフィー)・VSRAD(海馬周囲面積)などの高精度画像診断を行っております。さらに、自由に選択できる各種オプションをご用意することで、より身近に『脳ドック』を受けられるようにいたしました。 国民病と言われる脳卒中は生活習慣病による動脈硬化によって起こります。発症を未然に防ぎましょう。また、認知症の中で60%を占めるアルツハイマー型認知症は、発症する数十年前から脳に異変が起こっています。そのアルツハイマー型認知症のリスク段階を調べることも可能です。

MRI.jpeg

MRI検査の流れ

➀MRI検査の問診票・同意書の記入
②20分前後の検査の為一度お手洗いに行っていただく
③MRI室で外靴を脱ぎスリッパに履き替え
④問診票・同意書を基に手術歴の確認
⑤問診票・同意書を基に持ち物の確認(ロッカーに預けてもらいます)
⑥MRI室にご案内
⑦検査時間は20分程度(撮影部位により異なります)
⑧検査終了後ご自身の荷物をお持ちください
⑨スリッパを脱ぎ外靴に履き替えます
⑩診察又は他の検査までお待ちください

MRI検査の注意事項

MRI検査は強力な磁石と磁気の力を利用し、撮影を行います。以下、注意事項となります。

【MRI検査室内に持ち込めないもの】
● 補聴器
● 電子機器類
● アクセサリーや腕時計などの装飾品
● カラーコンタクトの色素には金属が含まれている可能性があるため、検査前に取り外します
● 機能性肌着(ヒートテックなど)
● 金属類の着いた下着

当日持ち物は鍵付きのロッカーまたは付き添い方に預けて頂きます。

MRI検査ができない可能性のある方

【当院でMRI検査を受けられない方】
● ペースメーカー(すべての種類)を装着している方
● 人工内耳や脳室内シャントなどの体内電子機器を埋め込み中の方
● ステント・人工関節置換術など、金属類埋め込み手術2ヶ月以内の方
● チタン製以外・MRI非対応の脳動脈クリップが入っている方
● 古い人工心臓弁の手術を受けられた方
 
【当院でMRI検査が受けられない可能性がある方】
● 妊娠中あるいは妊娠の可能性がある方
(産婦人科主治医の許可があれば可能)
 
【当日、検査前にお知らせください】
● 閉所恐怖症
● 入れ墨やアートメイク
● 歯列矯正やインプラント

ファイルによるドクター

MRI検査の費用

検査 及び 点数内容

MRI検査 1.5T+(電子加算)+(コンピューター断層判断料)

点数

1330点+(120点)+(450点)

3割 負担金額

5700円

2割 負担金額

3800円

1割 負担金額

1900円

MRI検査のよくある質問

-MRI検査の所要時間はどのくらいですか

頭部MRI撮影:15~20分程度(検査内容により異なります)
頚椎・腰椎撮影:20分
脳ドック:30分
下肢MRA:30~40分
内臓脂肪:10~15分 
整形撮影:40~60分

-MRI検査の前に食事しても大丈夫ですか

問題ありません。

-貴金属をはずすのはなぜですか

MRI装置では超電導現象を利用して超強力な磁力を発生させ撮影を行います。その為、貴金属類をMRI室に持ち込むと容易にポケットなどから飛び出します。飛んだ貴金属は目に見えない程のスピードでMRI装置に張り付き破損の恐れがあります。

-MRI検査だけを受けることはできますか

現在の健康状態を知りたく、MRI検査のみを希望の方は脳ドックをオススメします。
また、頭痛やめまい等の症状がある方は受診して頂き、医師の診察を受け、症状にあった検査を行う必要があります。

-MRI検査はどこで受けても一緒ですか

当クリニックのMRI装置は近隣病院と同等の1.5TMRI装置を完備しております。
また、医師の診察を受け患者さんの症状にあった検査内容で撮影をおこなっております。