札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

漢方療法

漢方による治療

漢方は中国の医療体系を源にし,江戸時代にわが国独自の発展を遂げたものです。本来、人間の体には病気を治す力が備わっており、様々な要因が加わって体全体のバランスが崩れることで、その力がうまく機能しなくなり不調が生じるという考え方があります。したがって、漢方治療とは、漢方薬を使用して全身の機能をサポートし、本来備わっている治す力を引き出すことを目的としています。

西洋医学と東洋医学のそれぞれの強み

西洋薬は、人工的に化学合成された物質がほとんどで、その多くは一つの成分で構成されています。西洋医学で病気を診る場合、客観性が重視されるため、自覚症状の他に、他覚症状や検査数値が重視されます。したがって、一般的に病気の原因が特定でき、原因別の治療が可能な場合や手術が必要な場合、緊急を要する疾患、重症の感染症などには西洋医学の方が優れていることが多いです。
一方、漢方薬は天然の生薬を使用し、一つの薬方(処方)は原則として2種類以上の生薬で構成されていますから、多くの成分を含んでいます。そのために、一つの薬方で色々な病状にも対応することができます。また、漢方治療が向く病気は、検査しても異常がないのに、 自覚症状があるというような病態です。漢方では、まず患者さんの体質と心身の状態を診ます。そして、その結果をもとに、患者さんに合った漢方薬を見立てていきます原因の特定できない慢性の病気、体質がからんだ病気には漢方が向くことが多いのです。西洋薬は、always(いつも)薬理作用を発揮します。例えば、降圧薬は、血圧が高い人でも低い人でも下げ続けます。これに対して、漢方薬は、not always(必要な時に)薬理作用を発揮します。例えば、血圧の高い人には下げる作用があり、低い人には上げる作用があります。つまり、その人のトータルとしてのシステムの中庸(ちょうどいい所)
まで戻そうとする作用があると考えられています。

 
 
AdobeStock_135717291.jpeg

漢方療法のメリット・デメリット

-メリット

漢方医学は、西洋医学では対応しにくい冷え性など体質による症状や、病名がつかない「未病」の段階にも効果が期待できます。漢方薬のメリットは、より早期の段階で治療が始められ、体質による症状なども効果が期待できます。疾患が確定しなくとも、病状を治療することができます。西洋医学で全く対応できない症状に効果が期待できる。例)冷え

-デメリット

突然発症した病態(急性出血、急性循環不全など)など救命には不適です。味に癖のあるものが多く、飲みにくさを感じる方もいます。

 

漢方による副作用

漢方薬は自然の生薬によってできています。そのため副作用がないと思われがちですが、僅かな副作用は存在しています。したがって、実際には効果と副作用をみながら処方しなくてはなりません。薬をのんだ後、病状が悪化したり、何らかの変わった症状が現れたり、どうもいつもと違うな?と感じた時には服用を中止し、すぐに医療スタッフ(薬剤師、看護師、医師)に相談してください。

 

生薬例       
好ましくない症状(例)

麻黄(マオウ)    :不眠、動悸、発汗過多
甘草(カンゾウ):むくみ、血圧上昇、筋肉に力が入りにくい
附子(ブシ)    :動悸、のぼせ、舌のしびれ
大黄(ダイオウ):腹痛、下痢
その他

漢方をお勧めするかた

•自覚症状があるのに、医療機関で「異常なし」「原因不明」などと診断された人
・西洋医学的な治療を受けたが、十分な効果が得られなかったと感じている人
・西洋医学で処方された医薬品の副作用に悩んでいる人
・冷えやのぼせ、肩こり、便秘、下痢などのちょっとした不調に悩んでいる人
・「不眠」と「イライラ」および「疲労」がつらいなど、心身の両方に症状がある
・使用している西洋薬が多く多剤併用となり、かえって健康状態が悪化している人(特に高齢者の場合、5種類以上の服薬で、様々な副作用が起こりやすくなります)には、漢方薬の多方面の作用(1種類で3~5作用ある)によって、減薬が期待できる。

 
 
胃痛

当クリニックの漢方治療について

当クリニックでの漢方治療は、症状改善ばかりでなく、健康維持・健康増進を図ることを目的としています。人間は、明らかな疾患がなくとも、加齢とともにさまざまな機能が低下してきます。体力は衰え、試行速度も低下し、多くの疾患をかかえるようになります。しかし、誰もがそれぞれの問題をかかえながらも、生活の質を維持し最後の最後まで自分らしく納得のいく人生を送ることを望み、それを実践する権利を持っています。


当クリニックの漢方治療はその人を一人の人間と包括的にとらえ、尊重し、単に症状を抑えるだけでなく、その人らしい生活のお手伝いをするという点において、漢方と当クリニックの理念は共通する部分は多く、積極的に漢方治療をとりいれています。
また、「フレイル」の早期対策には、漢方薬が役に立つこともあります。健康な状態と要介護状態の間で、身体的機能や認知機能の低下が見られる状態であるフレイルは、漢方医学の概念である「腎虚」と似た概念であり、漢方が得意とする治療分野だといえます。フレイルに対応できる漢方薬はいくつかありますが、西洋医学にはそういった薬は存在していません。

一例として、漢方医学では、頭痛は何らかの原因によって「気」や「血」の巡りが悪くなった状態です。その原因が冷えなら体によけいな「水」がたまり、胃腸の働きの弱くなり、吐き気や嘔吐も生じます。西洋薬は、痛みを抑えることを目的としますが漢方薬は片頭痛が出やすくなっている体質的な問題を見極め、そこに働きかけて、片頭痛関連症状が増えない体質に改善することを目指します。鎮痛剤やトリプタン製剤の服用量を減らす効果も期待できます。

診療の流れ

漢方医学の伝統的な診断方法に基づく漢方医学からみた「見立て」(下記)を行います。そのうえで、個々の患者さんに適した漢方薬による治療を行います。
・望診(ぼうしん)
顔色、表情、皮膚・唇・歯ぐきなどの色つや、体つき、爪、歩き方などを目で見て診察します。特に、舌の状態を重視します。(舌を見て胃腸の働きなどを診断)
・聞診(ぶんしん)
声の大きさや張り、話し方、呼吸音、せきの音などを聞きます。体臭や口臭がある場合も、判断材料となります。
・問診
自覚症状や全身の状態について、医師が患者さんに質問をします。具体的には、冷え、のぼせ、のどや口の渇き、汗のかき方、めまい、便通や排尿の状態、だるさなど、診察でみただけではわからない自覚症状の訴えが重視されます。
・切診(せっしん)
手で体に触れて調べます。特に、手首の脈を診る「脈診」(脈をとって体力の有無などを診断)と、おなかを触る「腹診」(お腹を触診して、胃腸の状態のみでなく自律神経バランスや血行不良の有無なども診断)が重要です。

 
 
ドクター高齢患者の血圧を取ります

漢方療法の費用

医療用として処方される漢方薬(保険適用の漢方薬)は148種あります。およそ5000円位から始められます。
※クリニックでの診察代と調剤薬局でのお薬代がかかります。
※料金はあくまで目安とお考えください、検査内容や処方内容によって異なります
※保険適用で3割負担/1日3回服用1か月分処方の場合

漢方療法における注意事項

・体質改善、病状緩和のために長期服用するもの、足がつる、打撲を治すための即効性のあるもの、どちらでも漢方の効果を上げるには、個々の患者さんの体質や症状に応じた処方が決め手となります。これには東洋医学の専門的な知識と臨床経験が必要です。

副作用のよくある原因として
・「漢方薬は作用が穏やかだから」と規定量を超えて飲む
・数種類の漢方薬を自分の判断で組み合わせて飲む
・生薬を含む市販薬やサプリメントを気付かずに併用する
などがないよう注意が必要です

また、日常生活リズム、ワークライフバランス、食習慣を見直すことも大切です。病気を治すのは、「治そう」という気持ち(自分が主役)になったご自身が実践することがなにより重要です。