札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

慢性疲労症候群

慢性疲労とは

慢性疲労症候群とは、身体診察や臨床検査で客観的な異常が認められない状況で、日常生活を送れないほどの重度の疲労感が長期間続く状態のことをいいます。20~50代にかけて多く発症し、男性よりも女性に多く見られる傾向にあります。疲労というと誰でも感じるものでありますし、疲労は目に見えないため慢性疲労症候群がどのくらいの疲労であるかを評価することが難しいことでしょう。

慢性疲労による症状

慢性疲労症候群の基準を厚生労働省が定めています。慢性疲労症候群とは、以下の状態に当てはまることを言います。
必須項目→以下の2つは必ず満たしていなければ、慢性疲労症候群と認められません。

①生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヶ月以上の期間持続ないし再発を繰り返すこと

②慢性疲労の原因と考えられるような疾病を除外すること

以下の症状のうち8つが6カ月以上にわたり持続または繰り返し生じている

1. 微熱(腋窩温37.2~38.3℃)ないし悪寒 
2. 咽頭痛 
3. 頚部あるいは腋窩リンパ節の腫張 
4. 原因不明の筋力低下 
5. 筋肉痛ないし不快感 
6. 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感 
7. 頭痛
8. 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛 
9. 精神神経症状(いずれか1つ以上)羞明、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、錯乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ
10. 睡眠障害(過眠、不眠)
11. 発症時、主たる症状が数時間から数日の間に発現

または上記の症状が6つおよび以下の症状が2つ当てはまる場合

1. 微熱
2. 非浸出性咽頭炎
3. リンパ節の腫大(頚部、腋窩リンパ節)

6ヶ月間これらの症状が見られていた場合には、慢性疲労症候群の可能性があると考えるべきでしょう。

AdobeStock_299270821.jpeg

慢性疲労が起こる原因

▶現代型栄養失調の食事
▶頻繁な頭痛の放置により脳疲労を起こしている
▶副腎の疲労によりホルモンがない
▶不眠
▶ストレス
▶交感神経が優位な人
▶リーキーガット(腸漏れ)症候群
▶脳脊髄液減少症
▶その他

慢性疲労が起こりやすい人の特徴

▶趣味がない
▶運動不足
▶食事に気を使わない(単純糖質過剰、トランス脂肪酸過剰、その他)
▶几帳面な人、真面目な人、正義感が強い人
▶その他

私たちが活動する場合、体のあらゆるところで大量の酸素を使いますが、その過程で「活性酸素」という物質が生まれます。
実はこの活性酸素こそが全ての疲れのおおもとなのです。
本来、活性酸素はその強力な酸化作用により体に侵入したウィルスなどを分解する働きを担っています。
その一方で自らの細胞に対しても見境無く強力な酸化作用で傷つけてしまいます。
人間の体は約60兆個の細胞でできています。脳も筋肉もすべて細胞の塊です。
その細胞が機能を十分に果たせなくなりパフォーマンスが低下する。これが疲労の正体です。
 

当クリニックの慢性疲労症候群の治療

▶漢方療法(補中益気湯など補剤)
▶ホルモン治療(DHEA)補充
▶オーソモリキュラーに基づくサプリメント外来
▶栄養管理士による食事改善指導
▶高濃度ビタミンC補充療法 →疲労(と老化)の原因、過剰な活性酵素は抗酸化物質で抑える!

薬剤師

慢性疲労の検査

▶医師による東洋医学的診察検査(『気・血・水』
▶脳脊髄液減少症の関連の検索のため、脳MRI(矢状断)
▶糖負荷試験での血糖、インスリンを調べることにより、自律神経の反応と症状の関係を調べる検査(通常の糖尿病の診断の為に行う2時間糖負荷検査試験とは違う)、腸カンジダ関連の検索のため、血清アンモニア測定。
▶副腎疲労の検査(コルチゾール、DHEA)

慢性疲労の検査の流れ

①医師の神経学的診察による検査
②脳MRI
③各種採血
④必要に応じてEEG
⑤必要に応じて糖負荷試験

慢性疲労に関するQ&A

-慢性疲労を改善する方法は

▶睡眠→睡眠前のスマホ、食事の取りすぎ、遮光カーテンを利用する。
▶食事→栄養不足は疲労を招き、なかなか改善へ至らせることもできません。バランスのとれた食事を摂ることも必要ですが、エネルギーを作りたい方がビタミンB1とミネラル、ストレスが続いている方はビタミンC,たんぱく質、カルシウムを積極的に摂られることをおすすめします。食事の内容だけでなく3食しっかりと食べることを意識しましょう。

特に朝食は、1日動くためのエネルギー源となり、1日のリズムを作るために非常に重要です。また、朝食を抜くことでお腹が空いてしまい昼食あるいは夕食で過量摂取、いわゆるドカ食いをしてしまいます。特に夜ドカ食いをすると消化に負担がかかることから、質の良い睡眠をとることができなくなります。食事の内容とともに3食食べることを意識して下さい。

-慢性疲労を予防するには

▶脳を疲労から守るという意味では「飽きる」というサインは実はとても大切。飽きたら気分転換。もちろん眠るのが一番ですが、時間のないときは1時間ごとに気分転換して脳の違う部位を使うようにすれば、脳の疲労を起こしにくくすることができます。
▶リラックスして入浴
▶バランスの取れた食事
▶適度の運動の継続
▶良質な睡眠