札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

英語論文、執筆

英語論文

● Isobe C, Terayama Y A Remarkable Increase in Total Homocysteine Concentrations in the CSF of Migraine Patients with Aura. Headache. 2010 Nov;50(10):1561-9.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. Decrease in Asymmetrical Dimethylarginine, an Endogenous Nitric Oxide Synthase Inhibitor, in Cerebrospinal Fluid during Elderly Aging and in Patients with Sporadic Form of Amyotrophic Lateral Sclerosis. Neurosignals. 2010 Apr 17;18(1):43-48.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. L-Dopa therapy increases homocysteine concentration in cerebrospinal fluid from patients with Parkinson's disease. J Clin Neurosci. 2010 Jun;17(6):717-21.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. Levels of reduced and oxidized coenzyme Q-10 and 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine in the cerebrospinal fluid of patients with living Parkinson's disease demonstrate that mitochondrial oxidative damage and/or oxidative DNA damage contributes to the neurodegenerative process. Neurosci Lett. 2010 Jan 18;469(1):159-63.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. Homocysteine may contribute to pathogenesis of RNA damage in brains with Alzheimer's disease. Neurodegener Dis. 2009;6(5-6):252-7.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. Increase in the oxidized / total coenzyme Q-10 ratio in the cerebrospinal fluid of Alzheimer's disease patients. Dement Geriatr Cogn Disord. 2009;28(5):449-54.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. Remarkable increase in 3-nitrotyrosine in the cerebrospinal fluid in patients with lacunar stroke. Brain Res. 2009 Dec 11;1305:132-6.
● Isobe C, Abe T, Terayama Y. Levels of reduced and oxidized coenzyme Q-10 and 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine in the CSF of patients with Alzheimer's disease demonstrate that mitochondrial oxidative damage and/or oxidative DNA damage contributes to the neurodegenerative process. J Neurol. 2010 Mar;257(3):399-404.
● Isobe C, Murata T, Sato C, and Terayama Y Increased of oxidized/total coenzyme Q-10 ratio in cerebrospinal fluid in patients with Parkinson’s disease. J Clin Neurosci. 2007 Apr;14(4):340-3.
● Isobe C, Abe T, Kikuchi T, Murata T, Sato C, Terayama Y. Cabergoline Scavenges Peroxynitrite Enhanced by L-DOPA therapy in Patients with Parkinsonユs disease. Eur J Neurol. 2006 Apr;13(4):346-50.
● Isobe C, Murata T, Sato C, Terayama Y. Increase of total homocysteine concentration in cerebrospinal fluid in patients with Alzheimer’s disease and Parkinson's disease. Life Sciences 77, 1836-1843, 2005.Oct.

文部科学省研究費採択

● 研究分野:脳神経内科学
● 研究種目:奨励研究(A)
● 研究機関:岩手医科大学
● 研究年度:2001年度
● 採択演題:各種神経変性疾患における髄液中3-Deoxyglucosone濃度

治験担当医(責任医師・分担医師)

● 2018年 片頭痛治療薬(抗CGRP受容体作動薬)第II相試験/治験担当医師
● 2017年 パーキンソン病治療薬(アデノシンA2A受容体拮抗薬)第II相試験/治験担当医師
● 2010年 パーキンソン病治療薬 エフピー単独治療/治験担当医師
● 2007年 片頭痛予防薬 トピラマート 第III相試験/治験担当医師
● 1999年 パーキンソン病治療薬 プラミぺキソール 第III相試験/治験担当医師

著書紹介

磯部千明.高齢者の慢性頭痛を予防するケアの具体策~頭痛医療の現状と頭痛の分類.隔月刊誌,高齢者安心安全ケア-実践と記録.2017, 9・10月号.78-83.

 
 
 
 

理事長・院長の執筆

 
1.png

高齢者 安心安全ケアに理事長・院長の記事が掲載されました。
2017年9・10月号(9月20日発刊)

4.png

日本各地の信頼できるドクター15名で、院長が紹介されました。
2019年10月10日発売

7.png

認知症患者をいかに支えるか/ICT(電子)化やタスクシェアを進め診療の質・患者満足度の向上を目指すが掲載されました。2020年3月発刊

2.png

高齢者 安心安全ケアに理事長・院長の記事が掲載されました。
2017年11・12月号(11月15日発刊)

5.png

幻冬舎メディカルハートに理事長・院長の記事が掲載されました。
2019年11月7日公開

3.png

高齢者 安心安全ケアに理事長・院長の記事が掲載されました。
2018年1・2月号(1月17日発刊)

6.png

当事者視点の認知症医療―【予防・診断・治療】として記事が出ました。
2019年12月10日刊行