札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

院長あいさつ

院長あいさつ

札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (211).JPG.jpg

「あなた」と「ご家族」を支える、

笑顔があふれる“健康増進クリニック”を目指します

医療法人 札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニックは、日本で初めて「頭痛」「もの忘れ」をクリニック名にもつ脳神経内科クリニックです。日本は、少子超高齢化が進むにつれ、「認知症」という新たな病気が増加しています。また、生活支障度の高い「パーキンソン病」や健康を阻害する「頭痛」、「むずむず脚症候群」なども増えてきていることから、脳神経内科医療の必要性が高まってきています。全身機能を司る脳や神経系は、何らかの原因によって障害されると、頭痛やもの忘れ、めまい、内臓不具合などの症状が出ます。「年をとったから」「精神的なものだろう」と諦めている人が多いのですが、私が診させていただきますと、これは脳・神経系の異常であることがよくわかります。頭痛・もの忘れなどは、決して我慢する症状ではありません。
早期発見・治療ができれば改善することもあり、予防が重要です。患者様やご家族の当事者の立場を考え、妥協のない頭痛・認知症(もの忘れ)治療を行ないます。決して1人で悩んだり抱え込んだりせずに、まずは当クリニックまでお気軽にご相談ください。

院長   磯部 千明

院長経歴

札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニック 院長

磯部 千明

1969年 北海道生まれ
1996年 岩手医科大学 医学部 卒業岩手医科大学 神経内科 入局
2000年 同大学院(神経内科(主科目:薬理学)) 卒業(医学博士)
2000年 岩手医科大学医学部付属病院 神経内科 助手
2001年 盛岡市立病院 神経内科 医長
2005年 千歳第一病院 神経内科 部長
2006年「頭痛外来」開設
2009年「もの忘れ外来」開設
2011年 札幌トロイカ病院神経内科「頭痛外来」・「もの忘れ外来」 勤務
2012年 札幌宮沢脳神経外科病院 脳神経内科「頭痛外来」・「もの忘れ外来」勤務
2014年 札幌東徳洲会病院 脳神経内科 部長「頭痛外来」・「もの忘れ外来」勤務
2016年『札幌 いそべ頭痛・もの忘れクリニック』脳神経内科・リハビリテーション科 院長
2018年 医療法人 札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニック 理事長・院長

2021年4月 5周年を迎え ~ 現在に至る 

実績紹介

faq.png
blog_bunner.png