札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

もの忘れ

認知症とは

認知症とは、脳の細胞が障害され、今までできていたことが少しずつ難しくなる病気で、単なるもの忘れとは異なります。一度獲得されて知的機能が、①後天的な、②脳の器質的障害によって、③全般的に低下し、④社会生活や日常生活に支障をきたす、ようになった状態と定義される。先天的障害である「精神遅滞」とは区別される。脳の器質的障害を背景とするため、機能的疾患である「うつ病」は除外される。

認知症の種類

【根本的な治療が困難な認知症】
アルツハイマー型認知症、レヴィー小体型認知症、前頭側頭型認知症は、神経変性疾患と呼ばれ、脳の神経細胞数が徐々に減少する病気です。
【予防や治療が可能な認知症】
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが原因で起こる認知症は、血管性認知症と呼ばれ、高血圧、糖尿病、喫煙などをしっかり治療することで予防や進行の抑制が可能です。頭部外傷によって、頭蓋骨と脳の間に血液がたまる慢性硬膜下血腫や脳室が拡大して起こる正常圧水頭症は、脳神経外科手術によって治療が可能です。また、甲状腺の働きの低下によって起こる「甲状腺機能低下症」は甲状腺ホルモンの補充で、ビタミン欠乏症に起因する認知症はビタミンの補充で改善します。
【超高齢者に多い進行しない良性の認知症】
高齢者タウ沈着症という記憶障害や軽度の易怒性がありアルツハイマー型認知症と紛らわしいほとんど進行しない良性の認知症もある。

認知症の症状

中核症状と行動・心理症状(BPSD:behavioral and psychological symptoms of dementia)に分けられる。例として、アルツハイマー型認知症では、緩徐に認知機能(中核症状)が低下し、日常生活動作(ADL:activity daily living)に障害が出現すると、急激にBPSDが悪化することが多い。このBPSDの増悪の時に、認知症が発症した考え初診する方が多いです。しかし、実際にはそのもっと前に発症していると考えられます。

 
 
 
AdobeStock_326322265.jpeg

当クリニックの認知症治療について

初診時に、治療しうる認知症として、慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症、甲状腺機能低下症・ビタミン欠乏症・てんかん性認知症・うつ病性仮性認知症…などを適時治療いたします。一方、根治できない神経変性性認知症であるアルツハイマー型認知症の場合には、ご本人とご家族の当事者の生活視点で、心理ケアを開始します。また、栄養障害(低タンパクや鉄欠乏およびビタミン欠乏)に対して栄養素療法、薬原性認知症(胃酸抑制薬や睡眠薬およびコレステロール低下薬)の治療適応をアドバイスします。それから、コウノメソッドに準じて周辺症状である元気のない方・興奮している方に対して漢方薬およびサプリメント(フェルガードなど)を投薬すると共に中核症状である記憶障害は実行機能障害に対して、少量の抗認知症薬(コリンエステラーゼ阻害薬・NMDA受容体拮抗薬)を投薬いたします。また、大脳白質に虚血が目立つ場合には、脳血管内皮保護および脳血管拡張作用により、脳血流増加作用の期待できるプレタールを少量併用いたします。また、非薬物療法として、音楽療法も行います。

 

認知症検査の流れについて

 

もの忘れ問診票の記載

もの忘れ問診票に記載いただきます。次に医師による問診、検査技師・看護師・作業療法士による脳MRIのスクリーニング、採血・脳波スクリーニング、認知機能検査、認知症の重症度診断を実施します。

診断

医師より、患者様・介護者の方に診断結果と治療法についてご説明いたします。

治療方針の決定

ご説明した治療法にご理解・ご納得いただけましたら本格的に治療を開始します。

治療

患者様の症状に合わせてリハビリや薬物治療などを実施します。介護者の方へケアのコツの指導も行っています。

経過観察

症状の改善が見られたら経過観察にはいります。食事や運動などの生活習慣改善や、家族・友人とのコミュニ―ケーションについて指導いたします。

必要に応じた再診断と治療方針の変更

定期的に通院していただき、症状に改善や変化・維持を診断 します。必要に応じて治療方針を変更し、症状が進行しないよう徹底します。

AdobeStock_401043434.png

認知症検査に関する注意事項

認知症の疑いのある方は、認知症だったらどうしよう?と不安だったり、すでに認知症早期の方は病識が低下していることが多く、ご自身は正常だと認識しています。そこで、ご本人に対して根ほり葉ほり質問し、病人扱いすることは、非常に苦痛です。何故正常な自分が、わざわざ病院まで連れて来られ、医療費を払ってまで検査を受ける必要はないと心から判断してしまいます。すると、次回以降の診療および治療拒否やご家族との関係が悪くなってしまいます。この認識のずれ(病識の低下)が、認知症のもの忘れと加齢によるもの忘れの差です。したがって、当クリニックに受診の際には、病気の診断に来るのではなく、将来の脳卒中やもの忘れの健診のため行く、または、私が○○で受診する付き添いで、一緒に来てほしい。と伝えることが大切です。また、初診では、ご本人の嫌がることはしない方法で診療を行います。その結果、来てよかったと感じてもらい、治療がしやすくいたします。ご本人が嫌がる内容を聞かなければならない場合には、ご本人とご家族とは、別室で診療を行います。

認知症の患者様のご家族のためのカウンセリング

認知症の治療で最も重要なことは、ご本人とご家族(主に介護者)を生活共同体である当事者と一体とすることです。このように病気を中心にせず、当事者を主体した視点で、病気は治らないから駄目だということをやめ、経験として持っている特技や残存機能を生活を活かし、ご家族とともに豊かに人生を送ることが大切です。この前提として、当事者の心理ケアがあります。早期診断したものの、根治術がないと聞くと、絶望してしまったり、認知症になると何もわからないと過剰なレッテル(偏見)とつけてしまうことがあるのです。ご家族の多くは、認知症を否定しがちです。ここで混乱を生じます。しかし、諦めとともに受容的見地で前進していきます。