札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

クリニック紹介

院内紹介

 

医療機器

ロゴマークに込めた思い

医療法人 札幌いそべ頭痛・もの忘れクリニックの“ロゴマーク”には、「頭痛」と「認知症」の2つの顔がだまし絵の形で描かれています。その頭上にある噴水と虹のマークには、今まで抱えていた苦しみ・お悩みから解放され、「脳内ホルモン」である『セロトニン』・『ドパミン』そして、「愛情ホルモン」である【オキシトシン】が溢れ、増えるように…と意味を込めております。ご来院いただく全ての方が、ハッピーになっていただけるように!― 健康増進・健康長寿社会が実現できるように ―妥協のない医療をお届けいたします。

札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック (243).JPG.jpg

理念

【Mission:使命】健康増進医療を通じ日本の未来をHAPPYにする ~札幌いそべ頭痛・物忘れクリニックのスタッフであるからこそ、日本の将来、長寿社会のお年寄り、未来の子供達を念う~

【Vision:未来像】私達は全国の患者さんのために、生き生きと輝く日本一の頭痛・もの忘れクリニックのモデルクリニックを目指します ~社会の問題を解決していこうとする姿勢~

【Value:価値】(医療理念)あなたの悩みを受け留め、応え、そして超える!

(クレド)

1.【本気】我々は、「本気」という信念を背負って診療に取り組みます

2.【柔軟】我々は、まず受け留めて、最善をつくすために挑戦します

3.【協調・絆】我々は、全スタッフが互いに信頼し、利他の精神で、協力し合います。

4.【成長】我々は、患者様の生活を豊かなものにするため、基礎から最新医療まで学び続けます。

5.【感謝】我々は、互いに助け合って働けることに感謝し、物心両面において、健康、成幸、幸福を希求し、自由を手に入れます。

当クリニックの10の基本方針

1.頭痛は国民の健康を害する疾患と認識し、国民の健康を守る
2.片頭痛は女性に多く、女性の片頭痛患者様の健康を取り戻し、少子化対策の一翼を担うとともに、慢性頭痛不登校児をゼロにする
3.少子超高齢社会のニーズに応えるために認知症診療向上に絶えず努力する
4.地域社会(小中高学校および大学社会人)に正しく、頭痛・認知症を啓発する
5.頭痛・認知症に限らず、パーキンソン病・てんかん・脳卒中・むずむず脚症候群を幅広く診療し、社会のニーズに応える
6.質の高い医療、信頼できるチーム医療で、患者様の人生を支えるパーソンセンタードケアを徹底する
7.病気を診るよりも、病気を持った患者様の能力を高めることに全力を上げる
8.患者様だけでなく、家族の暮らしを支えるサービスを展開するために地域介護福祉
(地域包括支援センター・自治体の高齢福祉課などのケアマネージャーやケアスタッフなどの多職種)と密に連携する
9.地域の皆様から信頼されるクリニックを目指し、良い医療を安全に質の高い介護・福祉との連携によって住み慣れた地域で適切なケアにより馴染みの人間関係のもと生活できるように努力する
10.当クリニックスタッフは、良い医療介護を追求するためにチームワークを大切にし、1人1人が自己研鑽に励む

 

連携協力施設

FireShot Capture 487 - クリニック・院内紹介|頭痛・認知症
脳神経.png
脊椎外科.png
あすなろくらぶ.png
禎心会.png
おおた内科.png
内視鏡.png
透析クリニック.png
五稜会.png
奥泉.png
糖尿病.png
いそべ.png

学会認定教育施設

日本頭痛学会.png
認知症.png

学会認定専門医掲載サイト

FireShot Capture 488 - クリニック・院内紹介|頭痛・認知症
糖尿病協会.png
脳卒中.png
神経学会.png

部門紹介