ブログ|頭痛、もの忘れ、認知症、首の痛み、頚椎症、高磁場MRI、脳神経内科、脳神経外科、脳ドック、パーキンソン病、むずむず脚症候群、めまい、耳鳴り、漢方、栄養療法、認知症カフェ、音楽療法、慢性疲労症候群、高濃度ビタミンC点滴療法

 
日・祝
8:30~12:30 /
13:30~17:00 / / /
日本頭痛学会認定教育関連施設
日本認知症学会教育施設第484号
認知症カフェ(札幌市認証No.48)
ご予約はこちらから
011-753-6000

〒007-0836
札幌市東区北36条東15丁目1-20

  • 電話
  • メニュー

Doctor's Blog 院長が日々の想いや出来事を綴ります

1月初旬から上旬の出来事を

2021年1月12日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、理事長の磯部千明です。2021年、新年、明けましておめでとうございます。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 さて、1月初旬から上旬の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 1月3日(日)、地下歩行空間の丑年の飾りでパチリ、その後、東区栄町にある烈々布神社で参拝しました。
 1月5日(火)は、仕事始めでした。スタッフ全員と新年を迎えることができました。開業していると普通に診療できることが何よりありがたいです。
 1月10日(日)は、札幌市内を散策しました。紀伊国屋、大通り、ジュンク堂と廻りました。途中の大通り歩道にハトの群れがおりました。日陰では、極寒であるために、日向に出てきて、群れを作り、暖をとっていたのでした。また、皆、首を引っ込めておりました。こうやってより暖かくしていたのでした。
 年明けは、寒波や大雪で寒々しい感じもします。また、ようやくといった感じで国から非常事態宣言も出ました。これから受験シーズンです。私も31年前を思い出します。冬に試験というだけでも神経を使います。今年は、コロナ社会での受験で、なかなか力も出ないものです。頑張れ受験生!と応援したい気持ちです。
 最後に、診療中に皆さまから、明るく元気に生活していることも目の当たりにします。当クリニックは、こういう時代だからこそ、自己治癒力改善のための健康促進をさらに推し進めるために、頭痛の苦しみからの解放、パーソンセンタードケアを理念に、全ての国民が元気で活躍する長寿社会の実現、オンリーワンクリニックとして全力をあげて参ります。

 

2021年1月12日(火) 理事長・院長 磯部千明

 

丑年の飾り
~札幌駅前地下歩行空間にて~

新年のあいさつボード
~クリニック玄関にて~

首を引っ込めて暖をとっている
ハトの群れ
~大通り公園歩道にて~

12月末の出来事

2020年12月29日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。Withコロナ時代でのサイレント?年末年始となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 さて、12月末の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 12月24日(木)、先日、コロナ禍のなか無理やりに出張した認知症学会(名古屋)での認知症専門医移行試験に無事合格していた通知が届きました。超高齢社会の中、認知症学会の専門医は1000名しかおらず、少なさが叫ばれています。当クリニックは、教育関連施設でもあり、若い医療および介護者の教育も続けていきたいと思います。
 12月27日(日)は、紀伊国屋とブックオフに行きました。今年は、よく来ました。○○回は下らなかったと思います。書店は最新の医療・研究および教育情報の宝庫です。一方、古本屋さんは、本屋さんでは体験できない、予想しない発見や喜びがあります。安価であること以上に、医療のジャンルを超えた、他職種の名著との出会いがあります。
 年末年始は、寒波や大雪、帰省控えで寒々しい感じもします。しかし、当クリニックは、こういう時代だからこそ、自己治癒力改善のための健康促進をさらに推し進めるために、頭痛の苦しみからの解放、パーソンセンタードケアを理念に、全ての国民が元気で活躍する長寿社会の実現、オンリーワンクリニックとして全力をあげて参ります。

 

2020年12月29日(火) 理事長・院長 磯部千明

 

合格通知
~認知症専門医移行試験結果~

紀伊国屋
~札幌駅周辺にて~

BOOK OFF
~大通り店にて~

12月上旬の出来事

2020年12月15日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。今年も残り、2週間少々となり、凍れる季節になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 さて、12月上旬の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 12月11日(金)夕方、「ときん」へ焼肉を食べに行きました。私は、軟骨が好きです。焼肉には、レバーを中心に内臓を食することができます。これら内臓には、鉄(ヘム鉄)を多く含んでおります。健康のためには効果的です。
 12月13日(日)は、久しぶりに大通りから札駅を散策してきました。例年に比し、雪は積もっておりません。まだ落ち葉が舞っていました。しかし、今週には、寒気が南下し、日本海側には大雪の予想もあります。
 今年を振り返ると、コロナウィルスで翻弄された1年となってしまいました。こういう不治の病には、最終的には、自己免疫力がもっとも頼りになるものと認識しています。頭痛の苦しみからの解放、パーソンセンタードケアを理念に、全ての国民が元気で活躍する長寿社会の実現、オンリーワンクリニックとして全力をあげて参ります。

 

2020年12月15日(火) 理事長・院長 磯部千明

 

焼く前の軟骨
~ときんにて~

札幌テレビ塔
~大通りから札駅散策~

ブレンドコーヒーと
ベリー入りデザート
~紀伊国屋のスターバックスにて~

11月下旬から12月初旬までの出来事

2020年12月8日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。凍れる季節になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 さて、11月下旬から12月初旬までの出来事を少し綴ってみたいと思います。
11月26日(木)から28日(土)は、名古屋で開催された【日本認知症学会総会】に現地参加してきました。先週に続く道外への出張で、多少の疲れと感染対策の緊張とで、疲労を感じながら新千歳を立ちました。名古屋に着くと、暖かさに驚き、ジャンバーはしまいました。学会場である名古屋国際会議場は、サーモグラフィーで検温し、体調チェックシートを毎日提出する重々しい雰囲気で閑散としていました。しかし、いざ、講演となると、超高齢社会の認知症の話題(例:待てるBPSD,待てないBPSD、睡眠障害の認知症への関与など)に熱気が溢れていました。夜は、栄を少し散歩してリフレッシュできました。
 第2日は、学会場内もやや寒く、ジャンバーを着て、マスクを2重にして感染対策をし、うがいを慣行を徹底いたしました。正常圧水頭症の新しいガイドライン、シヌクレイノパチー、脳ドック学会が脳卒中に認知症予防も守備範囲とする合同プログラム、高齢者タウ沈着症、認知症を伴うパーキンソン病など、さまざまな話題提供がありました。
 第3日目は、認知症対策基本法改め、【認知症基本法】の意義や推進に向けての各セクターからの発表がありました。また、同日、16時から試験時間が1時間の認知症専門医の移行試験がありました(写真は受験の座席表です。大人数で驚きました)。試験時間は17時まででしたが、セントレア(中部空港)から新千歳の最終便に間に合わせるために、16時35分に退出しました。急いでタクシーに乗り、空港へ着き、間に合いました。少し早く着いたので、味噌カツを食することができました。
 今回の認知症学会に出て感じたことは、がんや脳卒中・循環器疾患は“対策”基本法です。しかし、認知症は対策ではなく、病気を予防するものではなく、全ての国民のための【認知症基本法】として、長寿社会におけるライフシフトとしての備え(ソナエ)であることを改めて実感しました。頭痛の苦しみからの解放、パーソンセンタードケアを理念に、全ての国民が元気で活躍する長寿社会の実現、オンリーワンクリニックとして全力をあげて参ります。

 

2020年12月8日(火) 理事長・院長 磯部千明

 

名古屋のテレビ塔
~認知症学会初日の夜~

マスク2重で感染対策した院長磯部千明
~認知症学会2日目~

認知症専門医(移行試験)の座席表
~認知症学会最終日の
移行試験会場にて~

11月上旬から11月下旬の出来事

2020年11月25日

『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。風も冬の寒さになってきました。お昼の時間も短く、あっという間に夜になりますね?初冬の折、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
さて、11月上旬から11月下旬の出来事を少し綴ってみたいと思います。
11月7日(土)と8日(日)は、つくばで開催された第48回日本頭痛学会総会にオンライン参加いたしました。頭痛学の神髄に迫る、片頭痛のメカニズム、頭痛外来におけるpitfallやpearlの数々、脳血管障害における頭痛、てんかんと頭痛との関係、新規片頭痛治療薬である抗CGRP受容体抗体薬の特徴‥と従来の知見のアップデート。さらに、網膜に光を感知する第3の網膜細胞と片頭痛の光過敏のメカニズムや睡眠障害における頭痛との関連、また、片頭痛のgeneratorとして視床下部の関連など、新しい知見が示されました。
11月14日(土)は、『これからの頭痛診療を漢方で考える会、第3回』を開催させていただきました。書籍:ねころんで読める漢方で有名な、今津嘉宏先生に、オンラインで講演していただきました。座長であった私は、前座を話しました。頭痛診療は、ただ痛みを治すだけではなく、患者さまのトータルケアが重要である。漢方は、「心身一如」という、“こころ”と“からだ”を一体として診療する医学であり、全身を診療しなければならない頭痛医療に必須であることを述べました。演者の今津先生からは、covid19の予防、自己の体調診断のための舌診、保険適応の漢方薬-22種類、と多岐にしかも実臨床で役立つご講演をしていただきました。会場やチャットから質問もあり、盛会裏に終わりました。
11月21日(土)は、コロナが増えている中ではありましたが、所用で大阪へ出張しました。2重マスクとその他感染対策を行い、慎重に行動して帰ってきました。
Covid19の第三波のなか、アメリカファイザー・モデルナ社では、効果が9割以上であるワクチン開発に成功したとニュースが飛び込んで来ました。年内は米国で接種開始、日本でも5月に接種開始では?と予想が飛び交っています。東京2020開催の最終判断は、4月であるとされております。オリンピック開催時期にcovid19が沈静化していることを、切に願っています。頭痛の苦しみからの解放、全ての国民が元気で活躍する長寿社会の実現、パーソンセンタードケアを理念に、自己治癒力を改善させるオンリーワンクリニックとして全力をあげて参ります。

 

2020年11月25日(水) 理事長・院長 磯部千明

 

元、頭痛学会理事長坂井文彦先生
~サイエンティフィック
シンポジウム座長にて~

講演会に参加したスタッフとパチリ
~アスペンホテルにて~

馬刺し~大阪出張でのビタミンB12
豊富な夕食

10月下旬から11月初旬の出来事

2020年11月10日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。11月4日(水)とうとう初雪も降りましたね?皆さまタイヤ交換は済ませましたでしょうか?
 さて、10月下旬から11月初旬の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 10月21日(水)午後、学校医を務めている、向かいの中学校の健診でした。これは、春に行うはずだったものが延期になってしまいこの時期にずれ込み、この時期の健診となってしまったのでした。10月7日(水)は、3年生。21日(水)は、2年生。11月18日(水)は、1年生です。フェイスシールドをつけて、心音肺音を中心に発育を健診いたしました。私は舌を診ること(舌診)を心がけております。冷えの舌が多かったように感じました。免疫力を低下しないことが重要ですね?
 10月25日(日)千歳にある青葉公園で紅葉を楽しみました。風が強く、綺麗な葉っぱでしたが、どんどんと落ちており、あっという間に見ごろは終わりそうでした。自然というのは、その時その時の、貴重なタイミングが織りなす芸術ですね?
 10月28日(水)は、午後に、クリニックと目と鼻の先にある、私の前勤務病院である札幌東徳洲会病院の外科に入院しました。30日(金)に全身麻酔を初体験しました。虫垂を含む盲腸切除術を受けました。4日間弱におよぶ絶食で、苦しみながらも、11月1日(月)にドレーンを抜き、2日(火)午後に退院いたしました。スタッフから心温まる寄せ書きも届き、術後の痛みに折れずに療養に励んでいます。
 入院中には、大阪都構想の投票やコロナの再拡大およびアメリカ大統領選挙のニュースもあり、退屈しませんでした。一方、11月28日(土)に、日本認知症学会専門医移行試験があり、問題集をしのばせておいてはいたのですが。手術後の絶食の空腹や腹部の傷の痛みで、頭が回らずじまいでした。10月29日(木)~11月7日(土)までは、代診として、札幌禎心会病院・中村記念病院・札幌東徳洲会病院のご高配のおかげをもちまして、脳神経外科専門医および脳神経内科専門医により診療が行われました。
 11月9日(月)から、院長(磯部千明)が、通常診療を再開しております。我々は、頭痛の苦しみからの解放、全ての国民が元気で活躍する長寿社会の実現、パーソンセンタードケアを理念に、自己治癒力を改善させるオンリーワンクリニックとして全力をあげて参ります。

 

2020年11月10 日(火) 理事長・院長 磯部千明

 

フェイスシールドをつけて
健診する院長磯部千明
~栄町南中学校にて~

紅葉と院長磯部千明
~千歳市青葉講演にて~

全身麻酔から覚めた
院長磯部千明
~札幌東徳洲会病院にて~

10月中旬の出来事

2020年10月20日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。さて、朝晩めっきり冷え、ストーブを焚く季節になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 そこで、10月中旬の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 10月10日(土)夕方に、ツムラ主催の、これからの頭痛診療を漢方で考える会を開催させていただきました。演者は、基調講演を私(磯部千明)、特別講演をみさとファミリークリニックの松田正先生が務めました。コロナ禍でしたので、会場は、距離を保つため、30名制限とさせていただき、オンラインでも参加できるハイブリッド開催で行いました。西洋医学では、痛み止め、めまい止め、湿布など対症治療となりがちです。薬剤使用過多による頭痛も問題となっています。つまり、頭痛で罹った患者さんの症状を、痛み止め(消炎鎮痛薬)で治療することにより、治療前よりも悪化させてしまう病気(これを医原的な病気ともいう)です。漢方医学では、患者さんの気―血―水のバランスを整え、自己治癒力(自然回復力)を改善するものです。西洋医学の強みと東洋医学の強みの良いとこ取りをして治療していくことが大切です。ただ治療するのではなく、『トータルケア』が重要であると考えています。
 10月11日(日)は、東区から北区さらに中央区と散策いたしました。途中の北海道大学の蓮の葉が浮いた池です。蓮の葉はモネの油絵が印象的ですね?この日は、2万3千歩ほど歩くことができました。
アフターコロナは、まだまだ先?といった社会状況の中、with コロナ時代もまだまだ続きます。「たかが頭痛‥されど頭痛』➡『患者さんのQOL阻害を最小化し、キャリアパスを守る』。『全ての国民が健康で活躍し続ける長寿社会の実現』
 我々は、皆さまの自己実現のための自己治癒力を改善チームクリニックです。

 

2020年10月20日(火)  理事長・院長 磯部千明

 

松田正先生
~アスティ45にて~

院長
~アスティ45にて~

蓮の葉が浮いた池
~北海道大学の池~

9月後半の出来事

2020年10月2日

 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』、院長の磯部千明です。さて、昼と夜が半々の秋分の日も過ぎました。樹木の葉も色づき、秋本番となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 そこで、9月後半の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 9月13日(日)は、札幌市医師会による「かかりつけ医認知症対応力向上研修」がありました。私は、北海道医師会のセミナーは受けていましたが、今回、札幌市医師会主催のセミナーを受けました。実際の診療ビデオでの説明があり、明日から役立つご講演でした。認知症診療は、切れ目のないパーソンセンタードケアが必要です。
 9月18日(金)夕方に、徳寿で焼肉を食しました。レバーや赤身の肉を食べることが、目的の一つです。日々診療していますと、鉄不足で不定愁訴(めまい、動悸、息切れ、耳鳴りなど多数)の方を多く認めます。鉄といっても、血清鉄・非ヘム鉄・ヘム鉄・貯蔵鉄などがあります。鉄は、脳内ホルモン(ドパミンやセロトニンなど)の酵素として重要な働きがあります。コラーゲンを作る作用もあります。保険診療で治療できるのは、非ヘム鉄のみです。人の身体に重要なヘム鉄は、動物性の鉄からの摂取が重要です。レバーなど赤身の肉に多く含有されています。
 9月21日(月)は、祭日にて、千歳のパワースポットの青葉公園を2周いたしました。
千歳神社での参拝で、日々の健康を祈念いたしました。
 末筆に、人生100年時代と言われます。100歳を超える人は8万人を超えました。当クリニックでは、長寿健康社会に向けて、『いつまでも活躍し続ける元気な長寿社会の実現』を推し進めて参ります。With コロナ時代もまだまだ続きます。健康増進のための自己治癒力向上が大切です。「たかが頭痛‥されど頭痛』➡『誰の頭痛もさらば頭痛!』を目指してスタッフ一同頑張ってまいります。

 

2020年9月28日(火)  理事長・院長 磯部千明

 

かかりつけ医認知症対応力向上研修
~札幌市医師会にて~

赤身の焼肉盛り合わせ
~徳寿にて~

清めの水
~千歳神社にて~

9月前半の出来事

2020年9月15日

 札幌市地下鉄新道東駅の1番出口から113メートルにある 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』の院長をしています磯部千明です。さて、残暑も終わりを告げ、風も涼しくなりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 そこで、9月前半の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 9月5日(土)は、診療後、遅れて札幌医科大学の神経学会地方会に参加いたしました。この会は、3月に開催が中止された春の地方会の延期として開催されました。各都道府県では、WEB開催が目立つなか、会場で開催されていました。ソーシャルディスタンスを保ち、滞りなく、終了しました。開業医にとっては、入院が必要な疾患に触れる貴重な機会となります。
 9月8日(火)夕方に、藤本製薬の方に、社内講師にお招きいただきました。『認知症は怖くない!当事者視点の診療、その予防法、もし発症しても幸せに暮らすコツとは?』で講演させていただきました。超高齢社会でのありふれたコモンdiseaseとしてアルツハイマー型認知症やパーキンソン病の初期徴候や予防法が国民に広く浸透してほしいと考えています。
 9月9日(水)は、お昼にランチョンセミナーを開催いたしました。グロービアによる認知症予防サプリメントの『フェルガード』と『Mガード』の薬理作用や効果についてお勉強する貴重な機会となりました。
末筆に、半袖から長袖へ、日も短くなってきました。秋を実感します。人生100年時代と言われ、長寿健康社会に向けて、当クリニックでは、『いつまでも活躍し続ける元気な長寿社会の実現』を推し進めて参ります。

 

2020年9月15日(火)  理事長・院長 磯部千明

 

札幌医科大学講堂
~日本神経学会地方会にて~

札幌TKP会議室
~エフピーの木曾さんとパチリ~

クリニックでのランチョンセミナー
~グロービア村瀬さんからの説明~

8月後半の数コマ

2020年8月26日

 札幌市地下鉄新道東駅<出口1番>から徒歩1分にある 『医療法人 札幌いそべ頭痛もの忘・もの忘れクリニック』の院長をしています磯部千明です。さて、夏も終わりを告げ、朝・晩、涼しくなりました。…皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 そこで、8月お盆から後半の出来事を少し綴ってみたいと思います。
 8月14日(金)は、実家の千歳に墓参りに行きました。パワースポットの千歳神社周辺の青葉公園を1周廻りました。千歳神社の下には、幸井の水があり、散策の締めくくりに神水を飲みました。自然の力をいただける感じがしました。
 8月15日(土)夕方に、散歩していると、綺麗な夕暮れに遭遇しました。日本は、蒸し暑い夏やシバレル厳しい冬があります。時に、恐ろしい自然災害に逢うことがありますが、やはり四季があることは、風情があり、豊かな人間性に寄与するものと感じました。
 8月16日(日)は、大通り周辺で本屋周りをし、早目の昼食に『味の三平』で塩ラーメンを食べました。小学校5年生のときから、約40年、塩のみを食べ続けています。こだわりというか?信念というか?続けようと思っています。
 末筆に、秋の気配を感じる季節になりました。Withコロナ時代が続いております。人類と自然との共存が求められていると感じています。当クリニックでは、引き続き『健康増進のための自己治癒力向上』に力を入れていきます。

 

2020年8月26日(水)  理事長・院長 磯部千明

 
 

千歳神社
~パワースポット青葉公園散策にて~

夕暮れ
~お盆の夕方の散歩にて~

塩ラーメン
~味の三平にて~

1 2 3 4 5
 

当クリニックの掲載サイト
掲載サイト
  • ドクターズファイル
  • 時事medical
  • MSS
  • 笑顔とこころでつながる認知症医療 RIVASTACH.JP
  • 漢方を処方する病院を探す 漢方ナビ
  • 頭痛Click
  • e-65(イーローゴネット)認知症
  • 頭痛オンライン
  • caloo
  • hearthクリック、北海道むずむず脚症候群
  • エクオール
  • 日本認知症学会
  • 痙縮ガイド情報
  • お医者さんガイド
  • くらし便利帳
  • ここカラダ
  • 健診ガイド
  • いきいきネット
  • 病院まちねっと
  • Kirei Style
  • 広報誌「ひまわり」
  • 広報誌「ひまわり」
  • 認知症カフェ
  •  骨粗鬆症財団
  •  MCBI
  • 医師検索サイト クリンタル
口コミ
ページトップへ